帰ってきたヒトラー

ドイツ映画です。

あのヒトラーは自殺せず、現代のドイツにタイムスリップしてきた!・・・という荒唐無稽な設定から物語がスタートします。

コメディアンとしてテレビに露出しまくるヒトラーに、最初は(ちょっとグロテスクな感じがしながらも)笑ってしまいましたが、だんだん不気味な感じを覚えてきます。

ヒトラーお得意の演説で、聴衆の心を確実につかんでいく様子、催眠術にでもかけたかのように人間の心をがっちりつかんで自分の信者にしてしまう様子などを見ていて、人間の理性って、こんなにももろいものなんだ・・・と恐ろしくなりました。

戦争の時代、ドイツの人々はどうしてあんな狂人を支持したのだろう?と世界中の人々が疑問に思っていますが、案外、「自分だけはしっかりしているから大丈夫」「自分は理性的な人間だから大丈夫」と思っている人間ほど、あっさり心を奪われるものかもしれないと思いました。

戦争中、ドイツが周辺国に与えた被害は甚大で、今でもその傷が十分に癒されたとはいいがたく、そういう中でこの映画を敢えて制作してドイツや世界に人間の理性の尊さ、良心の大切さを訴えようとしたこの映画の製作者に、尊敬さえ覚えました。

流されて生きるのではなく、ものを考えることの大切さを思い出させてくれる素晴らしい映画です。