ファインド・アウト

 

感想

アマンダ・セイフライド主演の失踪消失系ミステリーで、信じてもらえない役を彼女の様な意志の強そうな女性が演じるので興味深く思い鑑賞しました。

しかしこの作品では主人公であるジルがあまりにも行き過ぎた行動を取り、度々周囲の人に迷惑をかけるので鑑賞している側としても、途中から彼女についていけなくなりました。

最後まで信じてあげれなくて残念です。

 

物語はジルの妹であるモリーが、ある日突然いなくなる所から始まります。

ジルは慌てて警察などに連絡し、モリーがいなくなった事を告げますが、まともに取り合ってもらえません。

実はジルは街の人々や警察から、おかしな事を言う人という目で見られていました。

それはジルが1年前に誘拐され無事救出されたにも拘わらず、証拠がないという理由から、彼女の妄想だと警察に判断されてしまった事が原因です。

以後しばらくジルは精神病院に入れられました。

 

ここまでのストーリーを観て、警察の人は酷いと思いジルを応援しながら観ていましたが、妹の為や自分に起こった過去の出来事を証明し警察に復讐する為に、大概な嘘をつく訳で一般市民が何をやったというのだと言ってたりたくなりました。

その上ジルは「自称誘拐された事件」以降、護身術を習い身に付けている為、普通の女性よりも強いです。

また登場人物が皆凡庸で、この人やるな!と思える人が出てこないのでジルだけが作品の中から妙に浮いている様に思えました。

警察は無能ですが特に毒づいている訳ではなく、ただ単に怠惰なだけ。

 

ミステリーですが捻りがある作品というよりは、ノンストップのアクションを観る快感を楽しむ作品に近いと思います。感想