関ヶ原

 

感想

司馬遼太郎原作の作品が実写化され、原作ファンや歴史好きの方には期待の作品になったんじゃないかと思います。

私は史実としての関ヶ原の戦いはお恥ずかしながらフワっとしか知りませんでした。

三成が負けた、位の情報です。原作を読む間もなく見に行きましたが、正直、関ヶ原の概要だけでも頭に入れて行くべきだった〜と見終わってからネットで検索して勉強した結果の感想です(泣)

 

色々な武将が登場し、その武将たちが自分たちの利益を思案し、西(軍)や東(軍)やと動き回るところも関ヶ原の戦いを面白くしているところです。

武将達が今どちらに付いているのか、名前や役職など覚えておくとストーリーの展開の早ささについていけたのにな〜と思ってます。

出てくる役者さんは文句のつけようはなく、三成役の岡田准一さんが主人公の話ですから、西軍の負けは史実としての受け入れつつも…感情移入してしまい思わず勝たせてあげたくなるくらい、かっこいいです。

戦国時代の血なまぐさい匂いや泥臭い匂い雰囲気が凄く合っていて違和感なくストーリーに集中することができました。

個人的には、前編・後編に分けても良かったんじゃないかなー?ともう少し細かいエピソードももっと描いてほしかったな、と思いました。

 

物語の始まりとして描かれていた「三条河原の公開処刑」のエピソードが好きでした。

後に三成の側で忍びとして行動するくの一役の有村架純さんの刀を使った立ち回りシーンなど、おっとりした可愛らしいイメージでしたが、格好いい女性を演じていてとても良かったです。感想