シンデレラゲーム

 

感想

主人公の失踪中のお姉さんマジヤバいと思います。

主人公の目の前に姉が突座に出現した時は、その登場シーンや理由があっけにとられます。

アイドル版のバトルロワイアルなので、北野武さんが出ていた本物のバトルロワイアルと比較すれば、グロさとリアルさが控えめとなっている気がします。

カードゲームのルール内容がなかなかアイドルらしくていいと思います。

カードで対戦する場面よりも、カードを探す場面のほうがリアルだと感じます。

カード探しの際には、誰かと一緒に行動したほうが枚数は見つかるはずなので有利だとは思うけれど、カードを奪われる可能性も否めないので、命がかかったカード探しは一人で行いつつ、誰が自分の背後をつけていないかを確認したほうが賢明だと思えます。

 

ゲームの勝利者には確かにアイドルとしての成功が約束されていたけれど、20分の1プラス姉の確率で生き残るのは難しいので、私なら参加は遠慮したいです。

ゲームの主催者がハイテンション気味なので、恐怖感が薄れた気がします。

初めはイイ人ぎみだった主人公が、姉との最終バトルあたりでは変貌していたので、人って変わるんだなあと実感させられます。

首輪も衣装も演じる女優さん達も、アイドルらしく可愛らしかったところは好印象です。

私的には、男っぽい女性を演じた人が好きです。

地下アイドル感が満載です。アイドル達の売れたいがための情熱バトルが繰り広げられるので、そのガッツはすごい尊敬できます。感想