オケ老人!

 

感想

この映画は、誰かと共に演奏をしたことが、ある人だったら共感する所や笑える所の多い映画です。

主人公は、ひょんなことから老人だけの頼りないアマチュア・オーケストラに入団するのですが、この楽団の老人たちのダラダラぶりが、面白いです。

お茶飲み会に来ているノリで演奏をしているので練習もいい加減でこの楽団は、上手くなれるのかなと思いながら観てしまいます。

老人たちが、演奏のコツなどを分かってきて演奏が、どんどん上達するシーンは、良かったです。

楽器ごとに弾き方を習うシーンは、参考になりました。

主人公の杏さんは、老人たちに戸惑いながらもアマチュア・オーケストラに夢中になる音楽教師の役を明るく演じています。

坂口健太郎さんも主人公が、同僚役で出演しているのですが、イケメンと言われているだけあってかっこ良いです。

この映画を観ていると仲間と演奏をするのは、楽しいなと思います。

映画の中で「威風堂々」を演奏するシーンが、あるのですが、あの曲は、演奏している人の気持ちが、そろうととてもかっこ良い曲だと思うのですが、映画の中でも杏さんのリードにより老人たちが、堂々と演奏している姿は、素敵でした。

この映画は、楽団の話の他にも恋愛や老人同士の争いなどの物語もあり面白いコメデイ映画です。

しかし、老人たちが、奏でるアマチュア・オーケストラは、素晴らしく観ていてオーケストラを聞きに来ているような感じも味わえます。

この映画を観ると思わず誰かと演奏したくなります。感想