キセキ あの日のソビト

 

感想

松坂桃李さんのファンで、すぐに劇場に行きました。

正直な所ストーリーにはまったく期待していませんでした。

松坂桃李さんだけではなく、菅田将暉さんも出てるし、

今売り出し中の成田陵さんも出てるしなくらいだったのです。

けど実際はとっても面白かったです。

Greeeenの曲をずっと聴いていた世代だったので、どうしてGreeeenは顔出しをしないのかとかそういう秘話を知ることができたのでとっても面白かったです。

また劇中に流れる曲がとってもいいんです。

もちろん知っている曲ではありましたが、こんなストーリーがあったのかなと想像しながら曲を聞くと、また違った感じに聞こえて涙がポロっとつたってしまいました。

Greeeenが好きだと言う人には是非見て貰いたいなと思いました。

話としては兄であるJINと弟であるHIDEの話を中心に描かれています。

兄はバンドでメジャーを目指しているのですが、父親には反対され、なかなか思う結果が残せずにいました。

その葛藤は私の中でも分かる痛みでした。

自分のやりたいことと自分の向いていることは一体何なんだろうと自問自答している時にみたので、JINが最終的に自分のやりたいことを見つけた時はとっても嬉しかったです。

そして自分も諦めずに自分のやりたいことを1つ1つこなしていこうと思いました。

その中できっと彼のように答えが見つかるとなんだか背中を押してくれるような気持ちになりました。

Greeeenとして活躍するHIDEも苦悩を抱えていました。

それを自分で解決しようともがき、兄に相談するのですが、そこで見える兄弟愛も素晴らしいなと思いました。感想